心が折れるのが先か、42.195kmの到達が先か・・・

ども、Kazunoriです。

 

今、絶賛、心が折れそうです(汗

 

自分のビジュアルせいもありますが、
これまで周囲の人達から、

『Kazunoriさん元気ないですね?』

なんてあまり言われたことがありません(笑)

もちろん、奥さんや子供達、
女手一つで育ててくれた母にすらです。

 

気になるKazunoriのビジュアルは、
そのうちご紹介するとして、

 

なんでそんなに「心が折れそう」なのか?

 

ズバリ。

 

アフィリエイト報酬が
思いのほか伸び悩んでいるから。

 

アフィリエイトをはじめて3年を経過しますが、
ここまで心が折れかかったことはありません。

 

もちろん、これまでも、
アフィリエイト報酬の増減は経験してきましたよ。

 

でも、今回は8月から本気で取り組んだ分、
10月で結果が出なかった・・・。

 

本気で取り組んだ分、本気で心が折れかかってます。

 

こんなことを言うと、
Kazunoriはこれまで本気じゃなかったのか?

と、思いますよね?

 

正直に言います。

 

これまでも本気でした。

本当です。

 

その昔、自分の本気度を試すため、42.195km、

そうです。フルマラソンを走ったことがあります。

 

フルマラソンなんか、
気持ち一つでなんとでもなる。

 

どうせ、抜かりない準備しとったんだろ!

 

完走は別として、レースに出場する事は
誰にでもできる!

 

などなど、色々なご意見があろうかと思います。

 

ではどうして、
フルマラソンが自分の本気度を試す
ためのもだったのか。

 

それは、
『インターネットビジネスをやるか・やらないか』

もうちょっと正確に言うと、

インターネットビジネスを続けるか・続けないか、

です。

 

走った理由はこの一点のため。

なんか、いいかっこし~な感じですが、
ホントにこれがフルマラソンを走った理由。

 

自分の中でフルマラソンを完走することができたら、
ネットビジネスをちゃんと続けていこう。

リタイアすることがあれば、
きっぱりネットビジネスからは手を引こう。

 

そんな決意で走ったんです。

 

フルマラソンに挑戦したのが2015年12月。

この2ヶ月前から、
独学でインターネットビジネスをはじめ、
全く成果が上がらない日々。

 

こんなことで本当に結果がでるのか?

俺は何かに近づいているのだろうか?

 

例外なくKazunoriも、
初心者はならではの不安の真っ只中でした。

 

でも、ネットビジネスを始める時って、

「不安はあるけど、
何だか明るい未来も待っていそう」
かな?

「俺には栄光未来だけが待っている!」
だろう。

 

あなたも、ネットビジネスを始めた時って
こんな感じじゃありませんでした?

または、これから始めようって思いるあなたは、
こんな気持ちじゃないでしょうか?

 

実はフルマラソンを走る前の、
自分がまさにこれでした(笑)

 

ネットビジネスを天秤にかけておきながら、
心のどこかは「余裕」だろうって思ってたんです。

爽快に42.195kmを走り切る
自分の姿しか見えてないし、それしか想像してない。

 

根拠のない自信って時に、
大事な時もありますが、
やっぱり自信は、積み重ねていくのもの。

フルマラソンを走っていて、
ホントにこれは思いましたね。

 

ちゃんと練習してから走しりゃよかった・・・。

 

結局のところ、

やっぱりネットビジネスを続けたい!

こんな挫折の仕方はやだ!

 

もう辛いから、やめちゃおう。。。

あと、1時間以内にゴールはできないだろ。。

と、

自分の心の天使と悪魔のささやきを
受け止めながら5時間18分掛かって完走したんです。

 

で、何が、言いたいのか。

 

結局、Kazunoriは同じ失敗を
またしてしまったわけです。

 

今とフルマラソン当時の
賭けているものが違うにせよ、
自分に都合のいいゴールしか見ていなかったわけです。

 

本気になった8月の時点で、
9月、10月の計画がしっかりと練られていなかった。
(フルマラソンで言えばペース配分)

自分自身が今、どのような状況なのかを
理解していなかった。
(フルマラソンで言えば体力・年齢)

しかるべきメンターに相談していなかった。
(フルマラソンで言えば専門書を読んで練習)

 

では、この中でなにが一番重要なのかと言うと、

やはり、専門的な練習。

つまり、ネットビジネスで言う所のメンターです。

 

専門的な練習を積んでおけば、
全てに備えることができますよね。

フルマラソンの専門的な練習をするわけですから。

 

ネットビジネスも一緒なわけで、
スタートの前からメンターと一緒に
入念な準備が必要ってことです。

 

そうすれば、案件に応じた対応策が
二の矢、三の矢と準備することができるわけですね。

しかも自分は弓矢程度の準備しかないのに、
メンターはボーガンで二の矢、三の矢です。

本当に時間を戻せるものなら戻したい・・・。

 

今回は、自分の慢心に腹はたちながら、
心は折れるというありさま・・・。

 

唯一の救いは、
メンターがフォローアップしてくれるところが、
次への後押しになるところですね。

 

という事で、
今回はKazunoriの心が折れ掛かった失敗談を
自分への戒めと備忘録も兼ねての紹介でした。

最初の「ワクワク」だけじゃいかんのです!

Kazunoriの失敗があなたのためになれば幸いです!

READ  VODジャンルにもまだ穴がある!痛快ビッグダディで月収2万円を稼ぐ方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です