ads.txt(アズテキスト)をワードプレスに設置する!アドセンスへの影響と対処の仕方を確認しよう!

ども、かずのりです(@kazunori_opt

ブログ・サイト運営されている方、最近アドセンスの管理画面にこんな警告出ませんか?

「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」

はて?なんのことだろう?

あなたもそう思われたかもしれません。

これ、ちゃんと対応しておかないと「収益減」「サイトの評価が下がる」可能性もあります。

 

今回は、ads.txtの設置方法。影響と対処方法を確認します。

ads.txtの設置はとても簡単なので、焦らず、確実に対応しましょう。

Sponsored Link

ads.txtとは?

「ads.txt」アドセンステキスト!と読んでしましそうですが、違いますw

「ads」=「Authorized Digital Sellers」(認定された販売者)と言う意味となります。

ads.txt自体は単なるテキストファイルですが、ads.txtの中に記述する内容が重要な要素になります。

 

多くのサイト運営者の方が、グーグルアドセンスを運用されています。

ads,txtにはグーグルアドセンスから付与されている運営者IDを記載し、サイト運営をしているサーバーの「public html」ファイルに追加する必要があります。

ads.txtをpiblic html追加することで、クローラーが認定された広告販売者であることを認識できます。

ads,txtの有無でサイトの健全性を判断すると言ってもいいでしょう。

das.txtを設置しないとどんな影響があるの?

ads.txtを自サイトに設置しないと、どんな影響があるのか?

こんな可能性があるよ!と言う、視点で解説します。

 

ads.txtを設置しないサイトは、悪意のある広告業者が、あなたのサイトの「なりすましサイト」を作成する可能性があります。

そのなりすましサイトで、あなたのアドセンスコードを使い、アドセンス広告を掲載し、不正な収益をあげる可能性があります。

もちろん、アドセンスの収益はあなたに入らず、悪徳広告業者のものに。

あなたのサイトの収益は下がることはもちろん、なりすましサイトの影響で、本物のサイトの評価が下がる懸念も考えられます。

最悪は、低品質のサイトと判断され、サイト自体が圏外に飛ばされる可能も考えられます。

ads.txtを設置すれば安心

ads.txtにグーグルアドセンス運営者IDを記載し、サイトのpublic htmlに追加することで、なりすまし広告を防ぐことができます。(グーグルアドセンスIDは一般には公開されません)

クローラーは広告設置のリクエストに対して、広告IDとads.txtのIDを照合して、不正の可否を判断する。

ザックリですが、ads.txtに運営者IDを記載する理由はこんな感じです。

 

今後は、ads.txtの設置の有無でサイトの評価も変わるかもしれません。

収益減・なりすましサイト・サイトの低評価

どれもいいことはありません。

ads.txtを設置しない理由はないですね。

Sponsored Link

「ads.txt」ワードプレスの設置方法

それでは、ads.txtの設置方法を解説します。

僕はMacを愛用しているので、一部、Windowsを愛用している方にはわかりづらい所もあるかもしれません。

とはいえ、手順自体は一緒ですので、Windowsに置き換えて確認してください。

 

また、今回はワードプレスの設置方法です。

無料ブログでは、ads.txtの設置は基本的にできません。

ブログシステムを提供している一部のサービスでは、マニュアル対応ではなく一括対応している所もあります。

詳しくは利用されているブログシステム運営会社の情報を確認ください。

ads.txtファイルを作成する

ads.txtの作成には、Macなら「mi」、Windowsであれば「tera pad」がおすすめです。

日本語テキストエディタ「mi」のダウンロード

シンプルテキストエディタ「TeraPad」のダウンロード

 

まずは「mi」を起動します。

テキスト入力画面に以下のコードをコピペします。

ads.txtに入れるコードのテンプレ

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

次に「pub-0000000000000000」にあなたのグーグルアドセンス運営者IDをコピペします。

運営者IDの確認方法は以下の通りです。

①.グーグルアドセンスにログイン

②.ホーム画面の「アカウント」クリック

③.アカウント情報をクリック

④.ファイルを保存する

txtファイルは「ads.txt」の名称で保存しましょう。(カッコはいりません)

おそらく、クローラーの読み取りもこのファイル名で判断するものと思われます。

なので、このファイル名は大事です。

 

charsetは「UFT-8」に設定します。

ご自身ですぐに確認できる場所に保存しましょう。

public htmlにads.txtを追加する

FTPソフトからでも追加はできますが、今回は確実に追加をしたいので、サーバーへ直接追加します。

僕はXサーバーなので、設置方法はXサーバーをモデルにしたものとなります。

①.Xサーバーのサーバーパネルへログインします。

②.FTPアカウントの設定をクリックします。

③.該当のドメインを選択する

ads.txtを追加したいドメインを選択します。

展開されたFTPファイル一覧から「public html」を選択します。

④.public htmlにads.txtを追加する

ここまでくればもう安心です。

ファイルのアップロードから

「ファイルを選択」をクリック。

先ほど保存した、ads.txtを選択します。

選択が完了したら「アップロード」をクリックします。

ads.txtがアップロードされれば終了です。

ファイルをクリックして、一応内容も確認しておきましょう。

以上で、ads.txtファイルの設定は終わりです。

お疲れ様でした。

 

本当にads.txtが設定されているの?

と、超不安症な人は以下の方法で確認することができます。

 

http://◯◯◯.com/ads.txt

設定したアドレスの末尾に /ads.txt を追加して、検索をしてください。

以下の画像が表示されれば、問題なくads.txtが設置されています。

 

Sponsored Link

まとめ

ads.txtファイルの設置方法でした。

設置後に警告が消えるまでに最大7日かかることもあります。

 

設置後1週間を経過しても、警告表示が消えない場合はもう一度、設置状況を確認してください。

早い場合は設置後、数時間で警告表示が消えることもあります。

僕の場合は、朝に設置して夕方には警告表示が消えていました。

 

今回のads.txt設置手順を参考にされて、健全なサイト運営をしましょう。

ブログって難しい?やっても稼げない!

ブログって難しい?

ブログやってるけど全然稼げない!

そんな疑問、お悩みの解決をご相談ください。

 

僕もブログを始めた頃は、あなたと同じように全く稼げていませんでしたw

本当です。

誰でもスタートは同じです。だからこそ、あなたの悩みに共感できます。

  • 困っている事。
  • ブログ運営での悩み。
  • 収益化に関して。

などなど、

お気軽にご相談ください。

もちろん、無料でアドバイスをさせていただきます。

ご連絡くださった方、先着5名様に15分の無料音声コンサルを特典としておつけします。

お気軽にご連絡ください!

ご連絡は▶︎こちら◀︎から どうぞ

 

少しの勇気と行動で明日が変わります!

今日も頑張りましょう。

Sponsored Link
READ  ワードプレスでサッカーの得点表を綺麗に表示できるプラグイン【Simple Football Scoreboard】!趣味ブログに最適かもよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です