外注ライターのツイッター&インスタ埋め込みが引用表示になる場合の対処法【ワードプレス】

外注ライターさんに記事お願いする際に、ツイッターやインスタの埋め込みも依頼しすよね?

でも、上がってくる記事を確認すると、ツイッターが引用表示になっていたり、インスタの画像が反映されてなかったりしませんか?

 

ども、かずのり(@kazunori_opt)です。

 

アフィリエイトをやっていると、ほぼ100%外注ライターさんにお手伝い頂きます。

ただ、仕上がった記事を確認すると、ツイッターやインスタが引用表示になってる。

そんな経験絵をされたのは僕だけじゃないはず。

 

原因は、ワードプレスの「ユーザー権限」又は「Javascript」

今回はその対処法を確認します!

Sponsored Link

ツイッター&インスタの埋め込みが引用表示になる

外注ライターさんにライティングをお願いする際に、ツイッターやインスタの埋め込みもお願いすることがあります。

埋め込み作業自体は、なんでもない作業なのでこれは問題ありません。

問題は、仕上がった記事を確認すると、ツイッターやインスタが引用表示になっていること。

こんな感じで。

こちらは、ワードプレスの記事をプレビューした状態。

ツイッターは引用表示。

インスタは真っ白です。

これでは、読者の方に何を伝えたいのかわかりませんし、画像の臨場感はゼロです。

 

色々と探ったところ、こうなる原因には2つあるようです。

症状に合わせて、解決してください。

ワードプレスのユーザー権限

ワードプレスに直接入稿をお願いされている方は、外注ライターさんユーザー権限を設定します。

管理者以外のユーザー権限を持つ外注ライターさんがツイッターやインスタを埋め込んでも、正しく表示はされません。(URLの埋め込みの際は別)

と言うのも、ワードプレスでは安全対策として管理者以外にツイッターやインスタの埋め込みができないように設定されているから。

正確に言えば、コードの埋め込みはできるけど、表示させるには管理者の確認が必要と言うこと。

つまり、ワードプレスの管理者であるあなたは、毎回、外注ライターさんのツイッターやインスタの埋め込み処理をしなければならないと言うことです(汗

 

マジ、これはウザイですよね。
これだと外注ライターさんにお願いする意味がありませんから。

Sponsored Link

Code Snippets プラグインで一発解決

毎回確認して、こちらが手動でコードの埋め直しは絶対にイヤ(笑)

と言うことで、色々探したらありました!

function.phpのコードをプラグインで追記してくれる優れものプラグイン。

自分でfunction.phpを触らなくても、プラグインで追記してくれる優れもの。

やり方は簡単。

プラグインをインストールして、追加コードをコピペして保存するだけ・・・・。

 

僕が参考にしたサイトがこちら。

参考 ワードプレスの投稿者がインスタやツイッターの埋め込みができない時の対処法HiMaRiKo's BLOG

おそらく、多くの方はこの方法で解決するはず・・・。

設定方法はHiMaRiKo’s BLOGさんを参照されてください!

 

ただ、なぜだか僕のサイトはCode Snippetsプラグインを設定したにも関わらず、問題が解消されませんでした。

僕と同じように解決できなかった方はこの下も読んでください。

Sponsored Link

Javascriptの読み取りコード

僕のサイトは結局Javascriptの読み取りコードを追記することで解決しました。

外注ライターさんは記事を書き終えると「レビュー待ちとして送信」のボタンをクリックします。

この際にJavascriptの読み取りコードが変換されてしまいます。

これは、先ほど説明したように、コードが変換されてしまう理由はワードプレスの安全対策です。

なので、こちらでコード変換を阻止することはできません。

 

ちなみに変換される前のコードがこちら。

テキストエディータでみるとしっかりと<script>の表記があります。

この状態なら問題なくツイッターは表示されます。

 

しかし、レビュー待ちボタンで保存した後は・・・

<script>の文字が消えているのがわかりますね。

ツイッターやインスタが引用表記、又は真っ白になってしまう原因はまさにこれ。

「Javascript」の読み取りコードがなくなってしまうから。

 

それなら、Javascriptコードを追記してあげればいいですね。

Javascript読み取りコードを追記方法

なんだよ!結局アナログかよっ!

ツイッター一つひとつにコード追記するのめんどくせ〜よ。

 

確かに、その通りです。

僕もそう思いました。

 

ただ、Javascript読み取りコードは記事内のどこか一箇所に追記すればOK。

プラグインで解決しない以上、コードを追記するほか解決策がないわけですから・・・。

 

ツイッター・インスタのJavascript読み取りコードは以下の通りです。

ツイッターソースコード
<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
インスタソースコード
<script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script>

以上のソースコードをテキストエディータにペーストします。

Javascript読み取りコード記事上にペースト

僕はJavascript読み取りコードを記事の一番上にペーストしました。

理由はスクロールするのが面倒だからw

どこに貼っても問題ないので、お好きな場所にコード貼ってください。

実際に僕がコード貼った画像を確認しておきましょう。

テキストエディータ画面

 

ツイッター、インスタ2つコードをまとめてペーストしておけば楽チン。

ツイッターはこれ。インスタはこっちと選ぶ必要がありません。

ビジュアルエディータ画面

 

メディアリンクが表示されますが、全く問題ないのでスルーでOK。

むしろ、メディアリンクが表示されないのであれば、ソースコードが間違っている可能性があります。

プレビュー画面

 

ツイッター、インスタどちらもちゃんと表示されていますね。

まとめ

外注ライターさんにお願いした記事で、ツイッター、インスタが引用表示になってしまう場合の対処法の確認でした。

function.phpを直接いじるのが、確実な対処法なのかもしれません。

ですが、コードひとつ間違えればワードプレスの画面が真っ白になって、頭の中も真っ白になる可能性もw

それくら、function.phpは厄介な代物。

 

function.phpを直接いじらないで、対処できる今回の方法がおすすめです。

お試しください。

Sponsored Link
READ  簡単解説!副業の確定申告でクレジットカードの勘定項目はどうすればいいの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です