簡単解説!副業の確定申告でクレジットカードの勘定項目はどうすればいいの?

年に一度の確定申告。

これが得意な人は税理士さんくらいなのでは?

 

ども、かずのり(@kazunori_opt)です。

アフィリエイトなどの副業年間報酬が20万円を越えると、確定申告が必要になります。

 

現金決済だった昭和と違い、今ではクレジットカードを利用した決済が主流ですね。

僕もクレジットカードで多くの経費を決済していますが、確定申告書に記載する勘定項目の設定などクレジットカードはちょっと特殊なんですよね。

今回は、確定申告書におけるクレジットカードの勘定項目の処理について簡単に解説です。

Sponsored Link

確定申告が必要な人

アフィリエイトやトレードなど副業している全ての人が確定申告が必要な訳ではありません。

確定申告が必要なのは、アフィリエイトやトレードの副業収入が年間20万円を超えた場合。

この20万円は経費などを差し引いた金額。

総収入が25万円・必要経費が8万円の場合、所得額は17万円。

この場合は確定申告の必要はありません。

 

ただし、収入に対して、経費が上回る「赤字」の場合は、確定申告をしておきましょう。

申告した赤字額は本業である給与報酬の課税額の対象となります。

つまり、住民税などの税金が減額される可能性があるので、赤字であってもしっかりと申告をしておいた方がいいですね。

 

また、副業の収入額が100万円を越える高額所得の方は、地域の青色申告会に入会することをおすすめします。

最大65万円の控除を受けることができるので、節税対策になりますよ。

もちろん、僕も青色申告会に入会しています。

確定申告書のクレジットカードの勘定項目が意味不明?!

確定申告には単式簿記と複式簿記、二つの記載方法があります。

ですが・・・この解説はしません。というより、わかりませんw

 

今は、会計ソフトがあるので、そちらを導入すればこの辺の難しいことは自動でやってくれます。

ちなみに僕は、マネーフォワードの会計ソフトを使っています。

参考 確定申告クラウドマネーフォワード

 

ここからは、マネーフォワードを利用して確定申告をする。

マネーフォワードにクレジットカードや銀行情報を登録している前提でお話します。

 

マネーフォワードでクレジットカードと銀行口座の情報を取り込みます。

すると、こんな形で自動仕訳をしてくれます。

オレンジで「外注工費」と記載されているのが「借方勘定項目」

ムラサキで@「未払金」と記載されているのが「貸方勘定項目」

 

借方勘定項目には経費の内訳を決めます。

借方勘定項目を設定することで、確定申告書に経費として計上してくれます。

 

ただ、気になるのはクレジットカードで支払いが済んでいるにも関わらず「未払金」と表示されている点。

僕は昨年、この「未払金」を「現金」に手動で変更していました。

しかし、このやり方は「間違い」。

 

でも、「未払金」をこのままにしておくと「経費」として計上してくれません。

そりゃそうですよね。だって「未払金」ってことはまだお金を払っていないことになっている訳ですから。

Sponsored Link

クレジットカードは利用日と決済日を記載

クレジットカード利用日

クレジットカードを利用した経費に関すること全て「利用した日」と「決済をした日」を記載する必要があります。

例えば、上記のクラウドワークスでは、利用した日が1/11と1/17です。

会計上は、この日にクラウドワークスを利用たが、経費処理はされていないことを記載しておく必要があります。

これは、青色申告の65万円の控除を受ける際に必要な「複式簿記」の要件を満たす為。

 

僕もこの辺の理解をするのにかなり時間を要しましたが、お金の流れを明確にするには確かにわかりやすいw

実際に1/11、1/17の時点ではお金が動いていない訳ですから。

実際にお金が動いた日に経理処理がされるように、なっているのが複式簿記なんすね!

 

私は65万円の控除は受けないから、他のやり方がいい・・・。

まあ〜、そのお気持ちはわかりますが、どうやらこの書式がマネーフォワードソフトのデフォルトみたいです。

理解をすれば、そんなに難しいことではないので、複式簿記の方法で慣れておいた方が無難です。

クレジットカード決済日

「未払金」となっている貸方勘定項目を消しこまないと、いつまで経っても経費として計上されません。

ただし、先ほども紹介している通り、未払金を「現金」として支払った形にするのは間違い。

後々、税務調査が入った際に指摘される可能が高いです。

 

では、どうやって未払金を相殺するのか。

はい。ここで、クレジットカードの支払い日が登場します。

こちらは、1月分のクレジットカード利用額。

簡単に言うと「1月分の未払金を2月12日に普通口座から支払いました」という記載です。

この時、借方勘定項目は「未払金」を選びます。

「未払金」にする理由は、僕もよくわかりませんが、こうして置かないと経費として計上されてしまうから。と解釈して言います。

 

貸方勘定項目が「普通預金」となるのは、クレジットカードの引き落とし口座が銀行の普通預金だから。

これがもし、銀行振込やコンビニ支払いであれば「現金」となります。

あまりそんな人いないと思いますが・・・w

 

そうそう。クレジットカードでも領収書はもらうようにして下さいね。

また、ネット通販で購入したものは領収書がないこともあります。

その場合は、利用明細書など証拠となるものを保存しておきましょう。

 

税務調査では証拠や根拠があれば追求されません。

逆に、証拠や根拠ばないものについては容赦無く課税します。

 

頭に入れておきましょう。

現金を使った場合記載方法

一応、現金を使った時の確定申告の記載方法も確認しておきましょう。

現金の場合、マネーフォワードに直接入力する必要があります。

 

ただし、スマホにマネーフォワードのアプリを入れている人は、画像読み込みでレシートや領収書の金額を連携できます。

これを使えば、入力の手間がなく、最後の確認だけで済みます。

 

で、現金で支払った経費を計上した確定申告仕分け画面がこちら。

とってもシンプル。

現金を使った場合はその事実は転記するだけでOK!

借方勘定項目に経費種別。

貸方勘定項目は「現金」を選択しましょう。

 

領収書のないものは記載しないようにしましょう。

今は大丈夫かもしれませんが、後々の税務調査で不正がバレると追徴課税の対象になります・・・。

延滞金分も加算されるので、ヤバいことになりますよw

まとめ

僕の頭の中で理解した、クレジットカードの確定申告仕訳解説でしたw

最初は僕も複式簿記の記載方法の理解に苦しんだので、同じ境遇の方に届けば幸いです。

 

経理作業は最低でも1週間に一回はやっておけ!と会社を経営している友人から口すっぱく言われています。

ですが、結局は確定申告ギリギリでまとめてやる・・・。

 

事業の財務状況をつぶさに知っておく必要が経営者にはあるのです。

今月からちゃんとやりますw

 

今日も会社と家族に感謝ですね!

最後までお読み頂きありがとうございました!

Sponsored Link
READ  2019年6月Google Up Dateで影響したジャンルは?商標記事DOWN?YouTubeがUP?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です