レンタルサーバーとは?初心者にもわかりやすく解説

ども、かずのりです。

今回は、レンタルサーバーについて解説していきます。

 

あなたは、「サーバー」と聞いてどんなイメージがありますか?

「情報を集約しているところ」「情報の中継地点」

このようなイメージをお持ちであれば概ね正解です。

 

インターネットビジネスを行っていく上で、必ず必要となるサーバー。

ネットビジネスをスタートする前にしっかりと理解しておきましょう。

サーバーってなに?

サーバーとは・・・
パソコンやスマホからのリクエストに基づいて情報を共有するコンピューターのこと
[/su_note]

 

つまり、ブログやサイトにアクセスする際、あなたのパソコンやスマホからの要求を情報元とつなぐ役割を担っているのがサーバーという事になります。

もっと簡単に言うと「情報の中継基地」ですね。

 

そして、レンタルサーバーとは「情報の中継基地」を借りることを意味します。

 

インターネットでは、あなたが欲しい情報やあなたが公開したい情報があってもサーバーがなければ閲覧、公開することができません。

サーバーはインターネットビジネスにおいて、パソコンやWi-FI同様にとっても大切な存在と言えます。

 

また、サーバーとホストコンピューターの違いを疑問に思っていらっしゃる方もいます。

厳密に言えば「サーバー」と「ホストコンピューター」は違うものですが、役割としてはどちらも同じことをしてるので、現段階では「同意義」と捉えておきましょう。

サーバーの役割

サーバーの役割とドメインやWEBサイトなど、インターネットビジネスの運営形態を実際の店舗に例えて解説します。

【サーバー】
・実際の店舗では土地にあたります。

【WEBサイト】
・実際の店舗ではお店にあたります。

【ドメイン】
・実際の店舗では住所にあたります。

インターネット上ではイメージしにくい、サーバーやドメインも、実際の店舗になぞらえると、理解できますよね。

実際の店舗では土地がなければ、お店を営業することはできません。

また、お店があっても住所が分からなければ、お客さんはたどりつけませんよね。

 

このように、先ずインターネットビジネスでは「サーバー(土地)」、そして「ドメイン(住所)」が大切になります。

しっかりと理解しておきましょう。

レンタルサーバーとは?

ズバリ、レンタルサーバーとはサーバーシステムを借りる事です。

サーバーを個人で持つには、コストも専門知識も必要になります。

基本的に、専用サーバーを利用しているのは、大規模サイトを運営しているメディアか、企業であるとお考え下さい。

 

そして、企業や大規模サイトが利用する専用サーバーに対して、個人や小規模サイトが利用するサーバーを共有サーバーと言います。

これからインターネットビジネスを始めるのであれば、レンタル共有サーバーでOKです。

 

共有サーバーは1台のサーバーを複数のユーザーで利用します。

サーバーのメンテナンスや管理はレンタルサーバー業者が行ってくれるので、専門的な知識は必要ありません。

また、複数のユーザーで1台のサーバーを使用するので、専用サーバーに比べ、利用コストが格段に安く済みます。

 

また、ネット上のサービスの中には、無料でサーバーを借りられるサービスもあります。

無料で使えるメリットはありますが、使用容量やサポート体制などの問題があります。

セキュリティーについても脆弱であることが考えられ、ハッキングやスパム行為などの危険性も考えられます。

ですので、無料レンタルサーバーの利用はおすすめできません。

インターネットビジネスを始めてるのであれば、有料のレンタルサーバーの利用をおすすめします。

レンタルサーバー簡単まとめ

・レンタルサーバーとサーバー借りること

・専用サーバーも共有サーバーも借りていれば、レンタルサーバー

・個人・小規模サイトなら共有サーバーでOK

・無料のレンタルサーバーはおすすめしません

レンタル共有サーバーのメリット・デメリット

これから利用する、レンタル共有サーバーのメリットデメリットを確認しておきましょう。

レンタル共有サーバーのメリット

・1つのサーバーを複数のユーザーで共有するのでレンタル料金が安い

・サーバーの維持・管理・サポートが充実している

・簡単にウェブサイトの作成・運営が行える

 

レンタル料金の安さについては先ほども説明した通りです。

複数のユーザーで共有するので、利用料金が安く済みます。

一般的な月額料金は、およそ1000円程度で済むでしょう。

 

そして、サーバーの管理は全てレンタルサーバー会社が行います。

サポート体制が充実しているレンタルサーバー会社が多くあり、安心して利用できます。

 

レンタルサーバーの管理画面では、ドメインの登録、Wordpressの設定などなどが行えるようになっています。

レンタルサーバーの会社によってはドメインの取得までサポートしているところもあります。

レンタル共有サーバーのデメリット

・サーバーを共有している他のユーザーの影響を受けてしまう可能性がある

・サーバーの管理者権限がないのでカスタマイズの自由度が減る

 

デメリットとして、他のユーザーの影響を受ける可能性と表記しましたが、僕自身、これまでネットビジネスを行ってきて、他のユーザーの影響でサーバーがダウンした事は一回もありません。

サーバーダウンの恐れがある時は、アクセス制限が掛かります。

ですので、基本的にサーバーが落ちることは無いと言っていいでしょう。(自然災害以外)

 

そして、カスタマイズの自由度ですが、ワードプレスには数多くのテンプレートが用意されています。

プラグインなどの拡張機能を利用もできるので、始めのうちはカスタマイズに困ることはありません。

また、CSSやHTMLを理解されていれば、サイトカスタマイズはかなり自由に行う事が可能です。

おすすめのレンタルサーバー

おすすめのレンタルサーバーを紹介します。

これからインターネットビジネスを始めるのであれば、これから紹介する2つのレンタルサーバーのどちらかと契約すれば間違いありません。

エックスサーバー(Xサーバー)

⇒エックスサーバーを確認する

エックスサーバーをオススメする理由は、単純に・・・僕も使っているからですね。

インターネットビジネスを始めて数年経ちますが、レンタルサーバーはエックスサーバーをメインサーバーとして使っています。

当然、エックスサーバーの共有レンタルサーバーを契約していますが、サーバーダウンの経験はありません。

 

エックスサーバーは、サーバー1台の共有ユーザー数を制限して高い稼働率を維持してるんです。

レンタルサーバー業界で、最も安定したレンタルサーバーと言っていいですね。

 

さらに、
エックスサーバーはサーバー契約と合わせてドメインの取得もできます。

サーバー契約

ドメイン取得

WordPressインストール

と、一連の作業を一度で済ませることができます。

これは、めちゃくちゃ便利です。

X10 200GB の契約で月額1000円。年間12000円の契約で十分運用できています。

WPXクラウド

⇒wpXクラウドを確認する

こちらもエックスサーバーのサービスですが、クラウドサーバーサービスです。

最大の特徴は月額500円で利用できること。

そして、Wordpress特化したレンタルサーバーというところです。

 

10GBの500円のプランであれば、月間30万程度のアクセスに対応する事ができます。

WordPressのインストールも簡単に行えるので初心者の方にはおすすめのレンタルサーバーです。

 

先ずは、WPXクラウドを利用して、アクセスが増えて来た段階で、エックスサーバーに乗り換えるのも一つの手段かなと思います。

アクセスが集まるまでの間、サーバーコストを抑えることができますね。

まとめ

今回はレンタルサーバーについて解説しました。

サーバーはインターネットビジネスには無くてはならない大切なツールです。

サーバー選びも需要になりますので、しっかりと理解しておいて下さい。

レンタルサーバーとは?初心者にもわかりやすく解説の簡単まとめ

・サーバーはネット上の「中継場所」であり「土地」でもある

・共有サーバーをレンタルしよう

・無料レンタルサーバーはNG

・おすすめはエックスサーバーとWPXクラウド

最後までお読み頂きありがとうございました。

READ  VODアフィリエイトのコンバージョン率(CVR)を上げる方法!ボタンリンクを変えれば収入はUPする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です