ドメインとは?インターネットビジネス初心者にわかりやすく解説

ども、かずのりです。

今回は、ドメインについて解説します。

 

実はドメインにも色々あります。

取得するドメインによって、あなたのブログサイトの未来を左右してしまう事も?!

 

ドメインについてしっかりと理解しましょう。

ドメインとは?

ドメインとは・・・
インターネット上に広がるネットワークの情報を識別するための名前・しるし

なんだか難しいですね・・・。

もっと簡単に言ってしまえば、インターネット上の「住所」となります。

 

インターネットの世界を地球と例えましょう。

 

あなたは海外の友人に手紙を出したいです。

でも、住所がないと友人に手紙は届きませんよね。

 

インターネットも同じです。

世界中に点在するコンピュターの情報にたどり着くには、住所が必要です。

 

僕のブログで言えば、

「kazunori.info」がインターネット上に存在する証と言う訳ですね。

 

このように、情報の位置を記したのが「ドメイン」となります。

なので、同じドメインは世界に2つと存在しません。

これは、地球で使われる住所も同じですね。(稀に重複住所が存在してますが・・・)

 

ドメインをインターネット上の住所と言いましたが、住所があればそこには「土地」が存在します。

インターネット上の土地。これはサーバーを意味します。

 

既にご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、アフィリエイトを始める際に、よく使われる例がこちら。

・【サーバー】=インターネット上の「土地」

・【ドメイン】=インターネット上の「住所」

・【サイト・ブログ】=インターネット上の「家・店舗」

インターネットビジネスを始める際の「3種の神器」と言っても過言ではないこの3つ。

そのうちの1つが「ドメイン」と言う訳です。

 

ドメインには、独自ドメイン(有料ドメイン)と無料ドメイン(無料ブログ)があります。

今回は、独自ドメインについて解説していきます。

無料ドメイン(無料ブログ)については別の記事で解説をします。

独自ドメインはどこで取得できるの?

独自ドメインの取得は以下のサービスから取得が可能です。

独自ドメインが取得できるサービス

・ムームードメイン

・お名前.com

・バリュードメイン

・スタードメイン

・エックスサーバー

独自ドメインは全て有料で取得ができます。

取得方法については、また別の記事で確認して行きましょう。

 

また、ドメインの種類は記事のこの記事の後半で解説します。

独自ドメインのメリット

ドメインの概要を掴めたところで、独自ドメインのメリットについて確認しましょう。

SEOに効果的
覚えられやすい
⇒ブランディングの獲得につながります
プロバイダを変更しても引き継げる
⇒無料ブログは引き継げない
メールアドレスにも使える
webサイトを複数持つことができる
⇒kazunori.info/123とか

独自ドメインのデメリット。

それは、新規ドメインはGoogleから評価を受けにくい所にあります。

 

例えるなら、新規ドメインは生まれたばかりの赤ちゃんドメインです。

人間と同じように、周りの大人ドメインと肩を並べるには時間がかかります。

大人の集団の中から赤ちゃんを見つけ出すのは、至難の業ですよね。

 

スーパー子役のように、特別に光るものがあれば一気に飛躍する事もありますが、それはほんの一握りのドメイン。

先ずはじっくり経験を積んで行くことが大事なんです。

 

でも、心配しないで下さい。

人間の成長ほどドメインの成長は遅くないです。

ちゃんと、サイトやブログを運営して行けばドメインも早く成長していきますので。

 

また、新規ドメインは初めのうちこそ無料ブログに勝てませんが、これも、直ぐに逆転できます。

もちろん、しっかりとブログやサイトを運営していればの話です。

独自ドメインの種類

独自ドメインにはいくつかの種類があります。

ここでは、ドメインの種類と特徴を確認しましょう。

新規ドメイン

新規ドメインとは新しく取得したドメインを指します。

新規ドメインの特徴を確認しましょう。

【新規ドメインの特徴】

・まだ誰も使用したことのないドメイン

・自分で好きな文字列を決めることができる

・新規ドメインは安価で取得できる

・新規ドメインは初期のドメインパワーが弱い

あたり前ですが、新規ドメインなので、誰も使用していないドメインを取得することができます。

そして、重複していなければ、あなたオリジナルの文字列を決める事が出来ます。

新規ドメインは提供するサービス会社によって100円以下で取得が可能です。

先程も解説しましたが、初期の新規ドメインのドメインパワーが弱いのが難点。

中古ドメイン

利用するドメインは、一度使用されたドメインを使う事もできます。

中古ドメインは、新規ドメインとは違い、ドメインパワーも引き継いでいるので、使用初期の段階からサイトやブログを上位表示させることも可能です。

特徴について確認しましょう。

【中古ドメインの特徴】

・過去に利用されたことがあるドメイン

・過去のドメインパワーを引き継ぐことができる

・ペナルティーも引き継いでいる可能性もある

・優良な中古ドメインは高額な傾向がある

中古ドメインは過去に利用されているドメインなので、自分で文字列を決めることはできません。

そのかわりといっては何ですが、ドメインパワーを引き継ぐことが可能です。

中古ドメインを利用する最大のメリットはこのドメインパワーを引き継げるところ。

 

そんないいずくめなら、中古ドメイン一択じゃんか!?

と、思うかもしれません・・・。

しかし、残念ながら中古ドメインにもデメリットはあります。

それは、引き継ぐのがドメインパワーではなく、ペナルティーを引き継いでしまう可能性。

中古ドメインには過去、Googleからペナルティーを受けてサイトが検索圏外に飛ばされたものも存在します。

このような中古ドメインを使用してしまうと、新規ドメイン以上にドメイン評価は上がらず、全くの無駄になる可能性もあります。

 

そして、中古ドメインのもう一つのデメリット。

優良そうな中古ドメインは高額であること。

 

仮に、トヨタや日産のような国際的な企業の名前が入ったドメインが販売されていたとした場合、恐らく数十万単位での売買となる可能性があります。

また、過去の実績が分かっているドメインについても同様のことが言えます。

日本語ドメイン

日本語ドメインは、正にそのまま「ドメインが日本語」であること。

特定の商品やサービスに特化させることができ、スマホでの視認性向上やSEO効果が期待できます。

【日本語ドメインの特徴】

・日本語でドメインが表記されている

・スマホやパソコンでの視認性がいい

・SEO対策になる

・転用が効かない

・取得金額がやや高い

ドメインが日本語で表示されるので、スマホやパソコンでの視認性は向上します。

日本人は相対的に英語の文字列に潜在的抵抗を持っている方が多いので、日本語を見ると安心してクリックしてくれたりします。

ただし、日本語ドメインはSNSなどのリンク表記の際に、ピュニコードに変換されてしまうデメリットもあります。(ピュニコードとは日本語を英数字に変換した際の変換コードのこと)

 

ですが、商品キーワードをダイレクトにドメインに組入れる事ができるので、SEO対策になります。

なので、タイトルキーワード以外でも検索に掛かる可能性が増えます。

 

しかし・・・これにもデメリットはあります。

それは、商品やサービスキーワードをドメインに入れていることで、商品が販売されなくなったり、サービスが終了してしまった場合、転用が効きません。

抽象的なドメインであれば、サイトの中身を変えて再出発も出来ますが、ドメインに商用キーワードが入っていると、なかなかそうもいかないですよね。

そして、日本語ドメインは新規ドメインに比べ若干ですが取得料金が高めです。

「日本語ドメイン+.jp」の組合せであれば、年間約5000円のコストがかかります。

「.com」「.jp」の違いは?

ドメインの一番後ろの「.com」や「.jp」の違いってなんだかご存じでしょうか。

実はこれにも住み分けが存在しています。

世界中の誰でも取得可能な分野別トップレベルドメインを「gTLD(generic Top Level Domain)」と言いいます。

トップレベルドメインって何ぞや?

ですよね。

トップレベルドメインとは、まさに今回の疑問である「.com」や「.jp」のことを指します。

 

誰も取得可能なトップレベルドメインには以下のドメインがあります。

.com
⇒主に企業を対象にしたトップドメイン
.net
⇒主にネットワークに関する企業を対象にしたトップドメイン
.org
⇒主に非営利団体を対象にしたトップドメイン
.biz
⇒ビジネスを目的に利用されるトップドメイン
.info
⇒情報サイトを対象としたトップドメイン

他にもあるとは思いますが、有名なトップドメインはこんな所でしょうか。

 

それぞれのトップドメインに利用目的を持たせていたのは僕も調べていて驚きでしたね。

それぞれトップドメインに意味がありますが、現在では厳密に区別されて利用されてないので、どのトップドメインを利用するかは自由でOKですね。

 

誰でも使えるトップドメインに対して、地域限定のトップドメインもあります。

それが、国や地域を表すトップレベルドメインである「ccTLD(Country Code Top Level Domain)」です。

カントリーコードとは国名を表す2つのアルファベットの事。

「.jp(日本)」「.us(アメリカ)」「.gb(イギリス)」「.kr(韓国)」などがそれですね。

これらのトップドメインはその国や地域でないと取得することが出ない、限定的なトップドメインとなっています。

 

「.com」と「.jp」の違いは理解頂けましたでしょうか。

まとめ

ドメインについて解説しました。

ドメインはインターネットビジネスを始める上で、あなたの仕事の存在を示してくれる重要なツールです。

ドメインの育て方や選び方でビジネスの成功速度も変わってくるので、しっかりと理解しておくことをおすすめします。

 

ご不明な点は、コメント欄、又はコンタクフォームからお問い合わせください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

READ  ゲオTV980はVODアフィリエイトで稼げるか?TSUTAYA TV・DMM・U-NEXTとの比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です