トレンドブログ記事を外注化する方法!ライター費用とネタ選定をサクッと解説!

トレンドブログを副業で頑張っているけど、正直・・しんどい・・・。

その気持ちよくわかります。

ども、かずのり(@kazunori_opt)です。

 

僕は、複業サラリーマンでありながら、トレンドブログ記事の外注化で毎月30万円以上(アドセンスだけ)の収入を得ています。

ちなみに、2019年3月と4月はアドセンスとASPを含め、7桁の売り上げを達成しました!

僕が7桁稼ぐためにやったことをこちらで公開しています。

既に30万円以上を稼がれている方は見なくてもOKです!

まだ10万円も稼げていない方は、見ておくことをおすすめします。

 

おっと、前置きが長くなってしまいました(汗

今回は、トレンドブログ実践者の誰もが恋い焦がれる「外注化」について。

 

・外注化したいけど、めっちゃお金掛かるんとちゃう?

・トレンド記事は外注化に向いとらんやろ?

・外注ライターさんにお願いしたいけど、お願いするネタが選べん!

 

外注化への一歩を踏み出せないあなた。

外注化したけど上手く活用できてないあなた。

ブログ運営のヒントにしてみてください!

 

ちなみに僕は外注ライターさんに1記事200円とかでお願いしていますw

どうしたら、そんなことがでいるのか?と、いったところも解説しているので、最後までお付き合いください。

Sponsored Link

外注化をして何が変わる?外注化で時間が生まれる!

ブログ記事を外注化して変わる事。

自分の作業が楽になるのはもちろん、これまで記事作成に使っていた時間が新しい事に使うことができます。

極端な話、外注費用を投資することで時間を買うことができる訳です。

 

僕の場合、トレンドブログでも1記事3000文字は書くと決めています。

タイピングは恐ろしい程遅いので、1記事仕上げるの3時間とかかりますw

本業があって、1日のうちの3時間は致命的ですよね。

 

ただ、外注化をしてしまえば、この3時間が丸々別の時間として利用することができます。

外注化をして変わること
  • ブログを書くことが仕事じゃなくなる
  • 増えた時間を事業拡大の為に使える

これって、大きな変化ですよね。

作業スタイルが一変するといってもいいかもしれません。

外注化は難しい?

そうは言っても外注化って難しいんじゃない?

と、思っている方も多いのではないでしょうか。

 

まだ、やったこともない外注化を「超簡単ですよ!」なんて言いません。

初めての事は誰でも難しく感じますし、取り掛かる勇気も必要です。

もっと掘り下げれば「費用」の部分も心配ですよね。

 

なので、外注化を始めるなら、ある程度ブログ記事を書かれれた方や(100記事程度)、既に5万円程稼がれている方が始めることをおすすめします。

どうして、初心者は外注化してダメなのですか?

こんな質問がありそうなので、お答えしておきますね。

 

外注化と言っても、相手は機械でもAIでもなく、ライターさんは僕たちと同じ「人間」です。

こちらが、どんな記事を書いて欲しいのか、記事の流れのイメージを伝えなければなりません。

 

キーワードを探して、タイトルを決める。

そのタイトルから、キーワードを含めた記事を書く。

これらの作業は、外注ライターさんにできません。

仮に請け負ってくれたとしても、高額な外注費を支払うか、内容が薄い記事が上がってきます。

 

トレンドブログ初心者の方で、自分の思い描いた構成やイメージを外注ライターさんに伝え切れればいいですが、多くの方はそうはなりません。

つまり、外注化をするのであれば、トレンドブログを理解してから。

ブログのスタイルや方向性が決まってからの方がおすすめです。

 

そして、費用。

最低でも外注費用に1万円は使えるのがベスト。

1万円でどれくらいの記事が外注化できるかは、依頼する内容にもよります。

ただ、外注化を仕組化してしまえば1万円で50記事の外注化も可能です。

 

外注の仕組化について、もっと詳しく教えて欲しい方は、こちらからメッセージをください。

外注化について僕がアドバイスしますね。

外注化するなら
  • トレンドブログを理解してる
  • ブログのスタイルや方向性が決まってる
  • 費用は1万円は準備しうよう
Sponsored Link

外注ライターさんの費用は?

前項でも外注化の費用については少し触れました。

ぶっちゃけ、外注化の障壁って「外注ライター費用」ですよね。

 

前項の通り、キーワード選定、タイトル策定、キーワードを含めた記事作成を外注ライターさんにお願いした場合、3000文字で1500円を支払う時代になりました。

ASPを含めたアフィリエイト記事ならともかく、アドセンスブログにここまでの費用は痛手です。

1万円の予算でたったの7記事だけ。これでは外注化の旨味はないですよね。

 

個人的にはトレンドブログ記事の外注化であれば、1記事700円以内に抑えたいと考えています。

 

「トレンドブログ=記事数」

トレンドブログである以上、ここは意識して行かないと売り上げは上がりませんからね。

外注化したいけどトレンドネタはお願いできない?

トレンドブログの外注化で悩むところが「トレンドネタ」をお願いできるのか?

トレンドネタって結構幅広いですw

 

僕の基準では、速報トレンドネタは自分で書くことが鉄則です。

例えば、
芸能人の恋人・結婚報道。

世間が注目するようなニュース。

ドラマで登場したお店や洋服などのアイテム。

このような速報ネタを外注さんにお願いしても、仕上がってくるのは早くて数時間後。

インデックススピードが勝負の記事を外注さんに頼んでは、勝負は目に見えてますw

 

ただ、速報系トレンド記事でなければ、外注化はできると考えています。

 

要は、注目が集まると予想されるトレンドネタを外注化する。

例えば、こんなものとか・・・

  • アイドル他のライブ
    (開催場所や日程が既に発表されている)
  • 新商品の発売日
    (事前に発売日が公表されている)
  • テレビ出演者
    (ネットで1週間先の情報が出てる)
  • 季節のトレンド
    (春夏秋冬に注目されるモノやイベント)
  • 年末年始

何も芸能ネタだけがトレンドではありません。

新しいモノや習わしごとは、常にトレンドです。

毎年繰り返されることでも、その年に初めて行われるのであればトレンドです。

毎年大晦日に放送される「紅白歌合戦」などは代表的な例ですよね。芸能ネタですが。

 

つまり、検索需要が予想されるトレンドネタを外注さんにお願いすることによって、先回りして記事を仕込むことができます。しかも、大量に。

速報系トレンドキターッ!で、速攻で記事を書く必要もありません。(書いてもいですw)

速報ネタにアンテナ張ってるのってめっちゃ疲れますよねw

外注化するネタ
  • 速報系トレンドは自分でかけ!
  • 需要が予想されるネタを外注化!
Sponsored Link

外注ライターさんに1記事200円でお願いする方法

1記事200円で3000文字の記事が上がってきたら、嬉しいですよね。

1記事200円なら、1万円で50記事、2万円で100記事。

100記事あれば、少なく見積もっても月収3万円以上は確定ですね。

この時点で1万円のプラスですw

 

実は、激安で外注ライターさんに記事作成を依頼する方法があります。

それは、依頼記事をテンプレート化してしまうこと。

テンプレートなんて言うと、コピーコンテンツになるんと違うの?

と、勘違いされそうですが、違います。

 

こちらで、タイトルと記事の構成を決めてしまい、記事作成を単純作業化させてしまえば言い訳です。

記事作成のジャンルが違ってしまうと、単純作業化ができないので、依頼する際は同一ジャンルのトレンド記事をお願いするようにしています。

記事作成の型を決めてしまうことで、ライターさんは作業の単純化で時間もかかりません。

僕は、安く外注化ができ、かつ数多くの記事が仕上がってくる。

どちらもWin-Winで外注さんのと関係も良好に進みます。

 

ただ、記事のタイトルや構成を仕上げるに時間は必要です。

当然、ジャンルへの理解度も重要となってきます。

楽をするための努力は常に必要ってことですね・・・。

まとめ

外注化の注意点として、キーワード選定やタイトル策定などを全て外注化できると思っている方が、一定の割合でいます。

実は僕も始めことはそう思っていました。

実際に、そんな無茶振りをライターさんにしてキレられたこともあります。

 

外注化には私たちで準備するものもたくさんあります。

  • 記事作成マニュアル
  • 記事構成依頼書
  • 記事作成解説動画

など。

外注化の準備に多少の時間を必要としますが、それに変わる時間と報酬は爆発的に増えます。

そろそろ、外注化でも・・と思ったら、重い腰をあげてみましょう!

 

外注化やトレンドブログで困ったことがあったら連絡ください。

副業についてのお悩みでも結構です。一緒に解決して行きましょう。

メッセージはブログトップ画面のコンタクト、又はこちらからどうぞ。

 

と、いったところで今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link
READ  職業ドライバーの仕事はなくなる!自動運転でトラック運転手はどうなる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です